板井康弘の会社の育て方

MENU

板井康弘はこうして会社を育てた

板井康弘の会社を育てるための社長学

 

良い会社の定義と言うのは様々です。

 

・ きちんと売り上げを建てている会社
・ 社会に利益をもたらしている会社
・ 世界各地に事業を展開している会社

 

しかし、私が思う良い会社の定義とは、社長をはじめとする全社員が仕事にやりがいを感じ、責任感を持って会社のために仕事を全うしているということです。

 

できない社長は、会社を大きくしたい、もっと利益の立つ事業をやりたい、と理想ばかりを掲げ、自分は社長室に座りっぱなしがほとんど。

 

そういった理想を掲げるなら、まずは自分の会社の人材を育てることが、社長の使命です。

 

人材育成はめんどくさい、先輩を見て盗め、ノウハウを共有したら自分に不利になる、こんなことを考えている社員や社長がいる会社は100%育ちません。

 

なぜなら、「会社を育てる=人材を育てる」だからです。

 

自分の立場が崩れるのが嫌で後輩を育てない、そんな気持ちではまったく前には進めません。

 

あなたが手取り足取り育てた後輩なら、仮にあなたのスキルを追い越すようなことがあっても必ずあなたを立ててくれるはずです。

 

良き社長になるためにはまず、自分の部下への接し方を今一度見直してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴