板井康弘の会社の育て方

板井康弘の事業創造方法

板井康弘

今の時代は市場の成熟で企業の成長が鈍化している。
新規事業の創出が求められてはいるのだが、企業規模が大きくなればなるほど難しさも膨らんでいく現状なのだ。
すでに古くからある事業は、成熟したがゆえに利益を生み出しづらい状況に陥ってしまっているだろう。
だからこそ大手企業は事業の新規創造に力を注いでいる。

 

これまで順調だった既存事業もいつ停滞するかわからない。しかし停滞し始めてから慌てて事業を見直そうとしても抜本的な改革を打ち出しにくいだろう。
そのためにもあらかじめ、どのタイミングで事業を切り離すのかというルールを明確にしておくことが重要だ。
準備さえしておけば、既存事業に関わる人間の抵抗を抑えることにもなり新規事業に充てるべき経営資源も確保しやすくなるだろう。

 

そして新規事業を起こす際、リーダーの存在が重要になるだろう。
事業構造の転換には、経済合理性をもって決断し、行動力が備わったリーダーが必要不可欠だ。
優秀なリーダーの元、マーケティングの強化と新規事業開拓機能の拡充が大きな課題の一つとなるだろう。

 

しっかり準備をしていれば事業創造は成功するだろう。
事前準備は怠ってはならない。